蓄膿症 膿栓

気になる臭い…蓄膿症と膿栓

スポンサーリンク

自分の鼻から変な臭いがする…あなたはそう感じることはありませんか。
一般的に鼻に臭いがする時は蓄膿症を疑いますが、そうでは無い場合もあるのです。
「膿栓」と言う言葉を聞いたことがありますか。
実は鼻の臭いの原因が膿栓だった、ということも少なくありません。
蓄膿症と膿栓の違いを知り、鼻の臭いの不快から解放されましょう。
蓄膿症は、鼻の奥にある副鼻腔という所が炎症を起こす副鼻腔炎から始まります。
さらにそこに細菌が入り込んで膿が溜まると「蓄膿症」となります。
蓄膿症になると、鼻の臭いが気になるだけでなく、鼻水が止まらない、酷く鼻が詰まる、頭や顔が痛くなるなどの症状があります。
蓄膿症になってしまったら、耳鼻科で抗生物質や、鼻の不快な症状を改善する薬を処方して貰いましょう。
花粉などのアレルギー物質により引き起こされる事でもあるので、部屋の空気を綺麗にするのもおすすめです。
鼻水が止まらないこともありますが、詰まった状態で鼻をすすると頭痛や顔面痛が増すことがあるので注意しましょう。
スポンサーリンク

くしゃみなどをした時に喉の奥から出てくる黄色い塊…これが膿栓です。
潰すと下水のような悪臭があり、クサイ玉などとも呼ばれています。
これは扁桃腺の粘膜にある小さな穴に、食べ物のカスなどが溜まって出来たもので、鏡で喉を見ると、穴につまっているのが見えることもあります。
膿栓自体は問題無いものですが、出来やすくなると口臭の原因となります。
目に見えるものなので自分で取りたくなりますが、無理に取ろうとすると喉の粘膜を傷つける場合があるのでやめましょう。
気になる場合は耳鼻科で除去してもらうことが出来ます。
口の中が乾燥していると膿栓が出来やすくなります。
口呼吸をしていると喉はどんどん乾燥してしまいます。
寝る時にマスクを使用したり、ウガイをこまめにすることで喉の乾燥を防ぐことが出来ます。
食事の時に良く噛むことでも唾液の分泌を促進できます。
ドライマウス対策のガムなどもあるので、そういったアイテムを使用するのも良いでしょう。
スポンサーリンク