蓄膿症 自然に治る 方法

蓄膿症が自然に治るかもしれない方法を探す

スポンサーリンク

蓄膿症とは、目の下や頬骨のあたりにある副鼻腔が菌が入り込むことにより炎症を起こして、鼻水などの分泌物が増えてひどい鼻づまり、頭痛や気力の喪失を招く恐ろしい病気です。
そしてかかると治りにくく、最悪の場合手術をせざるを得ないこともあります。
 この蓄膿症に悩む人は多く百万人いるとも言われ、最初は風邪が長引いているだけだ、と気付かずに放置して悪化する場合も多く、気付いて医者にかかっても継続しなければ意味のない薬を、1回効いたからと言って治ったと勘違いしてもらうのを面倒がり、医者にかかる機会が少なくなりやすいです。
 そこで、自然に治るための方法を考えるのですが、まず手軽に出来ることとして、鼻のかみ方を雑にしないことが挙げられます。
ティッシュペーパーを使って両方の鼻で思いっきりかむと、鼻の粘膜を傷つけることになり、さらに菌が繁殖してしまいます。
片方の鼻を丁寧に出し切ることが大事で、なるべく傷つけずに副鼻腔内に濃い色の鼻水、膿が残ってしまわないようにする必要があります。
 スポンサーリンク

 薬を飲んだり、鼻腔内に抗生物質を送る治療を行ったりするだけでは完治に向かうとはいえず、自然に治る、治す方法を行う必要があります。
しかし、こういった治療に共通しているのは「清潔に保つ」ことであり、それは必ず押さえていなければ悪化の一途を辿ります。
 鼻をきれいにするという観点から楽に行えるのが、鼻洗浄(鼻うがい)です。
専用の液体や道具もあり、それも買わずにやるのであれば生理食塩水を使用して鼻腔を洗います。
頭痛のある人やすでに相当鼻腔が狭くなるほど炎症が起きている場合でなければ、適切に行えばすっきりした感覚を得られます。
 また、蓄膿症を悪化させる原因として言われているのが、甘いものの過剰摂取です。
甘いものに含まれるヒスタミンの影響で鼻の粘膜が刺激され、さらに腫れあがる結果となります。
 お茶や野菜中心の和食に切り替えると、蓄膿症が自然に治るための土壌ができる、と言っても良いのかもしれません。
そのうえで鼻を清潔に保つために必要な方法を無理のない範囲で行うのが最善だと言えます。
何よりも大事なのは、放置をすると間違いなく悪化をする病気だということです。
風邪、インフルエンザで慢性の蓄膿症に簡単にかかってしまうこともあるので、弱まった体の免疫力を高めるとともにケアをしていくことです。
スポンサーリンク