蓄膿症 咳が止まらない 原因

蓄膿症で咳が止まらない原因は、鼻水なども影響しています

スポンサーリンク

鼻の奥の副鼻腔に膿が溜まってしまう病気は、一般に蓄膿症と呼ばれています。
鼻への諸症状が発生する事は多いですが、他にも症状を伴うケースは多く認められます。
 蓄膿症で咳が止まらないという場合もあります。
鼻は、奥の方に進むと、喉などの器官とも繋がりがあります。
鼻水などが出た場合には、鼻水の行き場所として、喉を通じて更に下に進む事があります。
蓄膿症などになると、慢性的な症状として、鼻水が発生する事が多くなります。
鼻水は、膿などを伴った状態で、サラサラした鼻水ではなく、ドロッとした状態で、黄色や緑色になります。
 自分では余り意識していなくても、鼻水は、喉に向かって常に流れている事が多くなります。
大量の鼻水が喉から下にいく事が原因で、咳が止まらない、といった症状を引き起こす事があります。
 鼻水が原因で咳が止まらないと推察できる場合には、自分でできる方法としては、うがいがあります。
うがいをする事で、できるだけ鼻水を体内に残さない様に、吐き出すと、症状の改善も望めます。
スポンサーリンク

 蓄膿症になると、咳が止まらない、といった症状で辛さを感じたり、生活にも支障をきたす事があります。
大量に鼻水などが喉から下に下りていく事が原因で、息苦しさから、咳が止まらない場合もあります。
 また、蓄膿症の場合には、常にウィルスや細菌などが混じった膿を、鼻の奥に保有している状態になります。
言い換えると、からだにとっては、衛生状態が良くない状態になっているといえます。
アレルギー症状をもっている人もいますので、気管支喘息など、発作のきっかけになるケースもあります。
気管支炎や気管支喘息などが原因で、咳が止まらない状態になっている可能性があるのです。
 蓄膿症は、鼻の病気でもありますが、咳などが出てくると、呼吸器官にも影響を及ぼしている状態です。
発作などの緊急性が出ている状態では、耳鼻科よりも呼吸器系のクリニックをまずは受診する必要性などもあります。
その後は、蓄膿症の治療を耳鼻科のクリニックで実施する事で、症状の根本的な改善ができます。
スポンサーリンク