蓄膿症 治し 子供

子供の蓄膿症の治し方とは

スポンサーリンク

子供が学校や幼稚園などに通っていると、知らず知らずのうちに細菌やウイルスに感染しやすくなります。
特に風邪は一番多い症状で、風邪による咳や鼻水は子供をもつ母親ならばよくある症状と思います。
しかし、風邪薬を服用し発熱が治まったのにもかかわらず、咳や鼻水がいっこうに良くならない場合、蓄膿症を疑ってみる必要があります。
鼻水にはさらさらとした水のようなものから、粘り気のある黄色や緑色になるものもあります。
鼻が詰まっている状態が長く続くと蓄膿症の症状に進行してしまいます。
大人と違い乳幼児や子供は鼻を上手にかむことが難しい場合が多く、不快な鼻水が続くと子供は自然と鼻水をすすりあげるようになります。
しかし、鼻水を体外に出さずにすすりあげてしまうことで、鼻の奥にたまった鼻水が粘着質の強い鼻水になったり、粘り気のある痰が出るようになります。
また痰を出そうとして、咳が続くようになります。
咳や詰まった鼻水が子供の寝苦しさの原因にもなります。
スポンサーリンク

子供の蓄膿症はほとんどの場合、重篤な症状になることはなく、一時的なもので成長と共に自然治癒することが多い症状です。
治し方は病院を受診して炎症を抑える薬を服用します。
抗生物質や抗アレルギー薬による治療では、薬をきちんと服用してしっかり治してあげることが大切です。
鼻水を体外に出すために、乳幼児は鼻水をすすってあげることや、鼻水のかみ方を指導することも早めに治してあげる工夫の一つです。
蓄膿症になると、咳や鼻づまりにより夜の睡眠がしっかりとれなくなり、それが昼間の注意力散漫や記憶力・思考能力を低下する原因にもなります。
蓄膿症の症状により、勉強に集中することが難しくなったり、記憶力や思考力の低下が考えられるため、学校の成績に影響を与えたり、スポーツなど体を動かすことにも悪影響を与えます。
また鼻づまりがひどいと、動悸や息切れ・頭痛なども引き起こす可能性があります。
命にかかわる症状ではありませんが、子供のためにもしっかりと治療を行うことが大切です。
スポンサーリンク