蓄膿症 症状 微熱

微熱等の症状が出る事もある蓄膿症について

スポンサーリンク

蓄膿症とは副鼻腔炎と呼ばれる事もある疾患で、その名前からも分かるように鼻に関する疾患になります。
鼻には呼吸の時に空気の通り道となる鼻腔と、その周辺にある副鼻腔という部分が存在しています。
副鼻腔は簡単に言うと空洞のようなもので全部で4つあり、鼻腔とは細い管で繋がっています。
この副鼻腔で何等かの理由によって炎症が起こるのがこの疾患で、風邪を引いた時等に発生しやすいとされています。
 蓄膿症が発生する原因については複数ありますが、中でも代表的なものとして細菌感染を挙げる事が出来ます。
原因となる細菌については数種類あり、肺炎球菌やインフルエンザ菌等に感染する事で発症する事が多いと言われています。
また病気等にかかっていて免疫力が低下していると発症しやすいとされていて、上記したように風邪を引いた時等は要注意です。
 細菌感染以外にも飛行機に乗る等して急激な気圧の変化に晒されたり、何等かの外傷が原因となったりして発症するケースもあります。
スポンサーリンク

 蓄膿症を発症した場合に現われる症状としては、患部となっている副鼻腔の痛みや大量の鼻汁等が挙げられます。
この時に発生する鼻汁は異臭を放つ事が多いのですが、これは患部で発生した膿が鼻汁に混じるためです。
 それ以外の症状としては患者が微熱を訴える事もありますが、この微熱は体の免疫機能が正しく働く事で起こります。
微熱の症状は数日程度続く事もありますが、基本的には高熱になる事はないので過度に心配する必要はないです。
 蓄膿症の治療方法については原因によって異なる部分もあるものの、まずは患部の膿を出す事が重要になります。
この場合には専用の器具を使って吸引で取り除く事が多く、取り出した膿を調べる等して原因を探ります。
 例えば原因が細菌感染によるものの場合には、その原因菌への効果が期待出来る抗菌薬の処方等を行います。
他にも体の免疫力を回復させる事も効果的なので、充分な栄養補給と睡眠を取る事も有効な手段だと言えます。
スポンサーリンク