蓄膿症 膿 吸引 治療

蓄膿症の治療方法である膿の吸引について等

スポンサーリンク

蓄膿症とは慢性副鼻腔炎とも呼ばれる疾患で、その名前からも分かるように鼻に関する疾患になります。
鼻には呼吸をする時に空気の通り道となる鼻腔や、その鼻腔の周囲に存在する副鼻腔といったものが存在しています。
副鼻腔は簡単に言うと空洞のようなもので、全部で4つあり鼻腔とは細い管によって繋がれています。
この副鼻腔に何等かの理由で慢性的に炎症が起こるのがこの疾患で、実際に経験した事があるという人も少なくないです。
 蓄膿症が発生してしまう原因については複数ありますが、一番代表的なのが細菌に感染してしまうというものです。
何等かのきっかけで副鼻腔に細菌が入り込み、それが増殖して慢性的な炎症を引き起こしてしまいます。
原因となる細菌は数種類ありますが、その中でも特に原因となりやすいのが黄色ブドウ球菌等になります。
黄色ブドウ球菌は食中毒の原因菌としてもよく知られていて、健康な人の皮膚等にも存在する事の多い一般的な細菌です。
黄色ブドウ球菌は接触等によって感染する事が多いので、手で目を擦ったりしない事が大切になります。
スポンサーリンク

 蓄膿症になった場合に現われる症状としては、患部となっている副鼻腔の痛みや大量の鼻汁が出る等が挙げられます。
この際に出てくる鼻汁は異臭を伴う事が多いのですが、これは患部で発生した膿が鼻汁に混じる事が原因です。
 蓄膿症の治療方法については薬物療法や手術が主な治療方法となっていて、患者の状態等を確認して決定されます。
薬物療法では原因菌に対して効果の期待出来る抗菌薬や、抗炎症薬等が処方されるのが一般的です。
 手術という治療方法に関しては患部に溜まっている膿を取り除くのが目的となり、吸引等の方法で処置が行なわれます。
 膿の吸引方法には複数の方法がありますが、代表的なものとしては針を使う方法や、鼻の空気と一緒に吸引する方法等があります。
前者は患部となっている副鼻腔に専用の針を刺して、その針から膿を取り除くという方法になります。
後者の方法は患部となっている側と反対の鼻を食塩水等で密封した上で、患部側の鼻に器具を挿入して内部の空気と一緒に膿を吸引するという方法です。
手術と聞くと施術時の痛みが気になりますが、最初に麻酔を施す事が多いので強い痛みが発生する事はほぼないと言われています。
スポンサーリンク