蓄膿症 鼻水でない 症状

蓄膿症で鼻水でない症状は、鼻の奥に原因が発生しています

スポンサーリンク

鼻の病気を患うと、鼻水やくしゃみなどの症状を発生する場合が多くなります。
でも、病気の種類によっては、鼻水でないというものもあります。
 蓄膿症は、鼻の奥にある空洞部分に膿が溜まってしまう病気です。
一般的には、鼻水などの症状を伴う事が多いですが、鼻の中の形状、あるいは状態によって、鼻水でない場合もあります。
 通常の健康な状態であると、鼻水もサラッとした透明なものが出たりします。
蓄膿症の場合には、鼻水でなくても、ドロッとしたものが鼻の奥で留まる事があります。
黄色や緑色などになりますが、鼻の奥での炎症により、患部が腫れを伴う状態になる人もいます。
腫れを伴った場合には、鼻の通りなどが狭く、悪くなるため、鼻水でない症状に至る事があるのです。
 患部の腫れを伴っていたり、鼻の中の軟骨が生まれつき一方に曲がっていると、通りが悪くなる状態となります。
鼻水でない蓄膿症もある、と認識して、適切な治療を実施する事も大切です。
スポンサーリンク

 蓄膿症は、人によって症状や進行具合などにも違いがあります。
鼻の奥の方にポリープなどができる状態になる人も見られます。
鼻茸と呼ばれるものですが、大きくなると、鼻の通路を塞ぐ形にまで至る事になります。
蓄膿症で、同時発生しているケースなども見られます。
鼻をかんだ場合にも、鼻水でない、でも鼻が詰まった状態を感じるという場合があります。
 鼻茸は、ある日突然ポロッと、鼻の穴から取れてくる事もありますが、自分で取り除くなどは、鼻の中を傷つける恐れもあります。
鼻水でない、鼻づまりは感じるという症状の場合にも、一度耳鼻科のクリニックを受診しておくと、適切な治療に繋がります。
 蓄膿症は、鼻水でない症状を伴う事がありますが、放置しておくと、症状が進行する可能性もあります。
耳鼻科のクリニックを受診して、検査を実施すると、病気の有無が判明します。
鼻水がでる、でないに関わらず、鼻に異常を感じたら、耳鼻科で一度診てもらうと、改善できる場合が多くなります。
早期の治療は、病気の進行なども効果的に防げる方法でもあります。
スポンサーリンク