蓄膿症 耳が痛い 原因

蓄膿症になると耳が痛いと感じる原因

スポンサーリンク

蓄膿症になってしまうと鼻づまりや頭痛などの症状だけではなく耳が痛いといった症状も引き起こすこともあります。
蓄膿症は鼻で起こる病気になっていてあまり耳といった部位には影響が出ないと思われている人もいますが、鼻と耳は繋がっているので耳にも影響が出やすくなっています。
蓄膿症は、鼻の奥の方にある副鼻腔で炎症が起きてしまい、副鼻腔に膿が溜まり、体に様々な病気を及ぼしてしまいます。
原因としては、風邪やアレルギーなどの細菌やウイルスが侵入してしまい、炎症が引き起こしてしまうことが原因になっています。
また、それ以外にも虫歯がある場合、そこから口腔内の細菌が侵入してしまって鼻腔を通り、上顎洞と呼ばれる副鼻腔に入り込んでしまって蓄膿症を引き起こす原因になってきます。
蓄膿症になってしまうとまずは、鼻づまりに始まりますが、その後に頭痛や顔面痛といった症状まで引き起こすことになってしまいます。
さらには、耳が痛いと感じたり、耳詰まりなどの症状も出てきます。
スポンサーリンク

蓄膿症を放置してしまうことによって耳の方にも膿が入り込んでしまうので中耳炎を引き起こしてしまいます。
そうなってしまうと耳が聞こえづらくなってしまいますし、耳にも痛みを感じるようになったり、酷くなってくると耳垂れまで生じてしまいます。
耳の症状を改善させるには、耳の症状だけを治すのではなくおおもとでもある蓄膿症を治さなければなりません。
早めに行動取ることが大切になってきます。
自然に治るだろうと放置してしまっていると症状はどんどん悪化していってしまい、耳に大きな影響を及ぼすことになってしまいます。
ですが、改善されることによって必然的におおもとの原因となっていた症状は全て治まることになります。
ですので、できるだけ早く発見して適切な治療を受けることが何よりも大切になってきます。
そうなってしまったときに早期発見の判断基準となってくるのが、耳の違和感になります。
耳が痛いなど少しでもおかしいと感じているなら耳鼻科に行くことが大切です。
スポンサーリンク