蓄膿症 鼻水出ない 原因

蓄膿症で鼻水出ない原因は、同時発生の他の症状もあります

スポンサーリンク

鼻は、アレルギー症状などを発生する場合もありますが、ウィルスや細菌の感染により、慢性的な病気を発症する事もあります。
 蓄膿症は、鼻の奥、頬の辺りにある副鼻腔と呼ばれる空洞に、ウィルスや細菌などが付着した膿が溜まってしまいます。
そのため、鼻水がドロッとした状態になり、黄色や緑色になっています。
でも、中には、鼻水出ないといった人も見られます。
蓄膿症でも鼻水出ない場合の原因は、鼻の奥に何らかの症状が発生している可能性があります。
例えば、ポリープなどができている場合です。
 鼻は、健康な状態であれば、空気の通りも良く、鼻呼吸ができる事になります。
ポリープなどができてしまうと、空気の通りなども悪くなり、息苦しさを感じる事があります。
違和感を感じて鼻をかんでも、鼻水出ないという原因になっている場合があるのです。
自然に取れるケースなどもありますが、できるだけ早めに耳鼻科のクリニックを受診して、適切に治療を施す事もできます。
スポンサーリンク

 蓄膿症で、鼻水出ないといった症状の原因は、患部で炎症を起こして、腫れを伴った症状になっている事も推察されます。
鼻は、健康な状態の時には気付き難いですが、自然と鼻呼吸をしています。
スムーズに呼吸もできる状態となります。
蓄膿症の場合には、鼻水出ないと、鼻での呼吸に息苦しさを感じる、鼻の奥が詰まっている感じがする場合もあります。
患部が炎症を起こして、腫れているケースにおいても、蓄膿症の治療が必要になります。
 蓄膿症は、鼻が特に周辺組織と内部で繋がっているため、様々な症状を引き起こします。
酷くなると、視神経を圧迫して、目に強い痛みなどが出るケースもあります。
鼻水出ない症状であっても、適切な治療を実施する事で、病気を根本的に治す事に繋がります。
耳鼻科のクリニックを受診して、検査で蓄膿症が判明すれば、専門的な治療を実施できます。
治療には多少期間を要する場合もありますが、症状の進行は食い止める事が可能となります。
早期の受診も必要です。
スポンサーリンク