蓄膿症 応急処置

蓄膿症の応急処置について等

スポンサーリンク

蓄膿症とは副鼻腔炎と呼ばれる事もある疾患で、その名前からも分かるように鼻に関する疾患になります。
鼻には呼吸の時に空気の通り道になる鼻腔と、その周辺に4つ存在する副鼻腔というものがあります。
副鼻腔は簡単に言うと空洞のようなもので、頬の奥や眼の内側等にあり、鼻腔とは細い管で繋がっています。
この副鼻腔に何等かの理由で炎症が起こるのがこの疾患で、特に風邪を引いた時等に発症しやすいと言われています。
 蓄膿症が発生する原因については複数ありますが、特に代表的な事として何等かの細菌への感染が挙げられます。
原因となる細菌は数種類あり肺炎球菌や、インフルエンザ菌等が原因となるケースが多いとされています。
これらの細菌が鼻腔等を通じて副鼻腔へと入り込み、そこで増殖する事によって炎症が発生するのです。
 細菌感染以外にも飛行機への搭乗による急激な気圧の変化や、鼻付近への外傷等が原因となって発症するケースも少なくないとされています。
スポンサーリンク

 蓄膿症を発症した場合に現われる症状としては、患部となっている副鼻腔の痛みや大量の鼻汁等が挙げられます。
この時に出てくる鼻汁は異臭を伴う事が多いのですが、これは患部で発生した膿が鼻汁に混じってしまう事が原因となっています。
 蓄膿症の疑いがあるもののすぐに病院を受診する事が出来ない場合等は、応急処置を施すというのも有効だと言われています。
具体的な応急処置の方法としては患部の膿を、少しでも多く出すというものが挙げられます。
例えば鼻うがいをする事で膿を出すという方法がありますが、これは慣れている人でないとなかなか難しい方法になります。
そのためやりやすい方法としては鼻を小まめにかんで、鼻汁と一緒に膿を取り除くというのが有効です。
それ以外にも痛みがひどい場合には市販の鎮痛剤を服用する事で、発生している痛みを緩和するという応急処置も効果があります。
 ちなみに病院で行なわれる治療方法としては、原因の違いは関係なくまず最初に膿を出すという処置が行なわれる事が多いです。
その後で細菌感染が原因ならば、その原因菌に効果がある抗菌薬を処方する等といった治療方法が用いられます。
スポンサーリンク