蓄膿症 頭痛 吐き気 治療

蓄膿症による頭痛や吐き気の治療は、耳鼻科の受診になります

スポンサーリンク

鼻に関する異常は、鼻水が流れる習性もあり、他の箇所への影響が出る場合があります。
早めに対処していく必要もあります。
 蓄膿症は、鼻の奥にウィルスや細菌などが付着した膿が溜まってしまいます。
鼻は、目や喉などにも近く、頭痛や吐き気を伴う事があります。
特に慢性的な症状として継続すると、日常的に頭痛がしたり、吐き気を伴う事もあります。
 蓄膿症は、耳鼻科のクリニックなどを通じて治療する事が可能です。
治療方法は、人によって症状の違い、進行具合などもありますので、状態に応じて実施される事になります。
蓄膿症の場合、膿がかなり鼻の奥、内部に溜まるため、膿を取り除く事で症状の改善が望めます。
以前には、歯茎の切開などからアプローチする方法も行われていましたが、最近では患者側の負担にも配慮されています。
鼻の穴から内視鏡を挿入して、患部の治療を実施する事も可能になっています。
麻酔なども使用されますので、痛みなどは軽減して行えます。
スポンサーリンク

 蓄膿症になるきっかけは、風邪の時の症状が長引いて、急性の症状として発症に移行する場合があります。
風邪の時には、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどが多く発生しますので、症状が中々改善しない事で、心配になる人も見られます。
耳鼻科のクリニックを受診して、発症が判明する場合も多くあります。
 症状の度合いは、人によって違いもありますので、放置しておいて、徐々に頭痛や吐き気などが発生している場合などもあります。
耳鼻科のクリニックの医師の判断にもよりますが、お薬の服用でまずは経過を見て、症状の改善が可能なケースもあります。
急性の場合には、暫くの期間お薬を服用する事によって、症状が改善する可能性も多くあります。
お薬の服用の場合には、やはり決められた用法や用量を守って、医師の指示通りに服用する事が大切です。
症状が良くなって、途中で服用を勝手に止めるなどがない様に、注意も必要です。
 お薬の服用でも頭痛や吐き気などが改善しない場合には、手術の実施も治療の選択肢に入ってきます。
スポンサーリンク