蓄膿症 目が痛い 原因

蓄膿症で目が痛い原因について等

スポンサーリンク

蓄膿症とは副鼻腔炎と呼ばれる事もある疾患で、その名前の通りに鼻に関する疾患になります。
鼻には呼吸をする時に空気の通り道になる鼻腔と、その周辺に副鼻腔というものが存在しています。
副鼻腔とは簡単に言うと空洞のようなもので、全部で4つあり鼻腔とは細い管で繋がっています。
この副鼻腔に何等かの理由で炎症が起きてしまうのがこの疾患で、実際に経験した事がある人も少なくないです。
 蓄膿症が発生する原因については複数ありますが、中でも代表的な原因が何等かの細菌への感染になります。
原因となる細菌は数種類あり特に多くを占めるものとしては、肺炎球菌やインフルエンザ菌等を挙げる事が出来ます。
これらの細菌が鼻腔を通じる等して副鼻腔へと到達して、副鼻腔で増殖する事によって炎症が発生してしまうのです。
 また細菌感染以外にも飛行機に搭乗した場合等に起きる急激な気圧の変化や、鼻付近の外傷等が原因となって発症するケースもあります。
スポンサーリンク

 蓄膿症を発症した場合に現われる症状としては、患部となっている副鼻腔の痛みや大量の鼻汁の発生等が挙げられます。
この際に発生する鼻汁は異臭を伴う事が多いのですが、これは患部の膿が鼻汁に混じるのが原因となっています。
 それ以外にも患者の中には目が痛いと訴える人もいますが、この目が痛いという症状は患部が目に近い場合に起こりやすいです。
前述したように副鼻腔は全部で4つあるのですが、その中には目の内側等といった目の近くに存在しているものもあります。
もしも蓄膿症を発症したのが目に近い副鼻腔の場合、患部の炎症の影響で目が痛いと感じる事があるのです。
 蓄膿症の治療方法については原因の違いに関係なく、まず最初に患部に溜まった膿を取り除く事が多いです。
その次に膿を調べる等して原因を突き止めて、抗菌薬を処方する等といった治療方法を施す事になります。
  また病院での治療以外にも体の抵抗力を上げる事も大切で、充分な栄養や睡眠を取る事も治療に有効とされています。
スポンサーリンク