蓄膿症 膿を出す 方法

蓄膿症で出てくる膿を出す方法

スポンサーリンク

蓄膿症とは、別名副鼻腔炎とも言い、ほほや目の下あたりにある副鼻腔が炎症を起こし、膿が溜まる症状を起こすことです。
普段はからっぽの状態ですが風邪やカビ、虫歯の炎症が移るなどすると、鼻の粘膜が腫れてその下の分泌物が増え、絶えず口呼吸をせざるを得なくなります。
 そして、鼻水や痰が緑色から濃い黄緑色の粘つく液体になります。
この膿を出す必要があり、常に副鼻腔を清潔に保つことが改善につながるので、その方法を考えなければなりません。
 まず、直接的に膿を出す方法として、医者にかかると、特殊な器具で副鼻腔内の奥に薬を吸い込ませる方法が良く取られます。
1回の治療時間は5分もかからず、継続して治療が続けやすいです。
他にも、薬を処方してもらい、蓄膿症そのものを抑えるというよりは、炎症を抑えて鼻腔を清潔な状態に戻して完治を目指すというのが一般的な治療の方針となります。
 そういった治療でも全く改善が見られない本当にひどい状態の人は、手術を考えることもありますが、内視鏡手術であれば顔を切開するわけではありません。
スポンサーリンク

 では、蓄膿症がひどくなるのは何が原因かと言いますと、そもそもは菌が入ってくるせいではありますが、慢性化するのは膿を出すことに尽力していないからだと言えます。
食生活では糖分が多いと体液の粘度が高くなり、症状が悪化すると言われており、野菜中心の食事が好ましいとされています。
 そのほかにも、なたまめに含まれる成分が蓄膿症の膿を出す効果があるとされていますが、確実な証拠はありません。
それでも気を付けることが第1に重要なことは間違いなく、副鼻腔を清潔に保つ努力が必要です。
 一度かかると自然に治すことは難しいと言われる蓄膿症です。
なぜなら鼻のかみ方1つ取っても、すすらずに優しく片方ずつ膿を出す、などきちんとした管理をしていかないと余計に菌が繁殖して悪化する一方なので、そうして膿が溜まると集中力が落ち頭痛もひどくなるために、さらなる悪循環が待っています。
 薬物療法などで副鼻腔内を洗浄し、なおかつ鼻の粘膜を傷つけてまた膿が溜まらない程度に鼻をかみ、普段の食生活や運動、生活リズムを菌と離れたところにずっと持っていれば、治すことはできます。
スポンサーリンク