蓄膿症 症状 たん

蓄膿症による症状とたんが絡むメカニズム

スポンサーリンク

風邪が長引く、花粉やカビなどハウスダストによるアレルギー症状が起こると、鼻の入り口である鼻腔が炎症することで呼吸が難しくなります。
さらにその症状が長引くと、鼻腔だけでなく奥にある副鼻腔にまで炎症が広がり、長引くことで炎症部分から膿が発生してさらに症状が悪化するようになります。
この状態が3ヶ月以上長引くことで慢性副鼻腔炎、いわゆる蓄膿症と診断されるようになります。
蓄膿症は認知度の高い病気で、老若男女問わず誰にでも起こり得るものですが、アレルギー体質の人は合併症によって難治性となることも少なくないようです。
炎症が静まらない限りは膿が発生するため、風邪が長引くだけでなく、状態が良くなってもしばらくは膿が発生したままとなるため、鼻から喉へと落ちていき、たんがからんだような状態になって、咳が止まらない、たんによって喉が気持ち悪い、鼻をかんでもすっきりしない、粘度のある黄色い鼻水が出てくるなどの問題も起こります。
蓄膿症はたんが絡みやすくなるため、のどの周囲が不自然に感じたり、会話が難しくなるなどのデメリットもあります。
スポンサーリンク

たんが絡むことで咳を繰り返すことになりますが、通常は健康な人であっても一定量の鼻汁が作られるため、蓄膿症でなくても咳をするのが一般的です。
作られる鼻汁は鼻から喉を通って、自分でも知らないうちに飲み込んでしまうことがほとんどですが、蓄膿症によって膿が発生することで粘度の高い鼻汁となって喉に落ちていきます。
飲み込むには粘り気が強いため、喉に絡んで知らないうちに飲み込むということができなくなってしまいます。
最終的には喉に残ったまま、呼吸や会話の折に違和感を感じて咳を繰り返すようになるという仕組みです。
副鼻腔に広がる炎症は細菌感染によるものであるため、風邪やアレルギーなどの原因が異なっていたとしても、細菌を退治さえすれば良いので抗生物質による投与というシンプルな方法で完了します。
ごく稀に難治性の治療のために手術をするといったケースもありますが、大抵は投薬治療によって完治できるので、蓄膿症に該当する症状が出たら早めに診察を受けることで早期治療ができるようになります。
スポンサーリンク